【日記リレー4年村山晴香】

コワモテなのに意外と繊細な宮川くんからバトンをもらいました、4年トレーナーの村山晴香です。

入部当初はきっと仲良くなれないだろうなと思ってました。ようえいがケガから復帰してプレーしてる姿を見られる度に、勝手に嬉しく感じています。

さて最後の日記リレーということで、キャラじゃないことも書いてしまいました。次会ったときはこの内容には触れないでください。

150名もの部員を抱えるこの部には本当にいろんな人がいて、みんなそれぞれの価値観を持っていて、上手く周りに発信できる人が多くいます。

その大小は人によるかもしれないけど、ラクロスに対して熱い想いを持っていて、真摯に向き合っています。

お世辞でも綺麗事でもなく、全員に尊敬できるところがあります。

私は自ら周りに干渉したり、自分から何かを発信したりすることがあまり得意ではありません。高校まではそれでもなんとかなっていたかもしれません。

大学に入って、この部に入って、特に4年になってから、意見を求められたり、チームの決定に関与したりすることが多くなりました。今まで散々人任せにして逃げてきたことに向き合わなくてはならなくて、正直嫌になることもありました。

でも避けては通れない状況があったからこそ、この4年間で、学生生活の最後に、人として少しは成長できたかなと思います。

話は変わりますが、トレーナーをしている中での原動力は、確実に選手のみんなです。

みんなが元気に楽しくプレーできるよう、周りから与えられる範囲で最大限のことをしたいと思っています。

そのように強く思うのは、トレーナーとして信頼されチームに貢献する偉大な先輩方の存在があったからです。

チーム全員からの厚い信頼を裏づける知識を持っていて威厳のある金友さんは雲の上の存在で、

学年を問わず多くの選手と仲が良くて、絶対的な技術があって、何よりあまりに生意気すぎた私を見放さず育ててくださった春花さんと実春さんには頭が上がらないし、

チームのために新しいことにチャレンジすることをも恐れない強さと行動力を持っている美樹さんは大大大尊敬しています。

この場を借りて、改めて、

本当にありがとうございました。

私は簡単な人間なので、テーピングをお願いされたり、褒められたりするだけで内心すごく嬉しくて、モチベーションを上げる材料になって、トレーナーやってて良かったなと思えます。

みんなが元気に楽しくプレーするためにまだまだ力添えさせてください。

そしてこの4年間での一番の財産は、

最高の同期に恵まれたことです。

面白くて頭良くていつもふざけててとっても楽しそうにラクロスする人たち。

みんなに出会えて良かったです。

今シーズンは特に、どのチームも雰囲気が明るく、それはチームの成績にも反映されていると思います。

そんなチームを作って引っ張ってくれている同期を誇りに思います。

最後までまとまりのない駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

一度落としたバトンを拾いました。

お次は、後輩スタッフからも人気の高い持田さんです!はんなり関西弁ずるいですよね。今度おすすめの本教えてください!

それではよろしくお願いします!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email