BLOG

【全国ユース交流戦レポート】

こんにちは!

1年MGの吉村優花です。

今回は12月1日から2日にかけて名古屋にて行われたアーセナルの全国ユース交流戦について報告させていただきます。

この名古屋遠征では、普段試合する機会が少ない東海、関西地区の大学と試合ができました。またウィンター(※)に近い形式で試合できる良い機会でした。

1日目の試合結果は、

vs関西学院大学     2-2 引き分け

vs中京・信州合同 4-0 慶應の勝利

vs南山大学            3-1 慶應の勝利

2日目の試合結果は、

vs愛知・愛教合同 1-0 慶應の勝利

vs岩手・東北学院合同 4-0 慶應の勝利

vs岐阜大学            2-0 慶應の勝利

でした。

怪我で出られないアーセナルもおり、人数が少ない中でも負けなしいい試合で終えられたことはウィンターに繋がる収穫だったと思います。

今回の遠征を通して、ウィンターを控えたアーセナルのプレーヤーにとって良い試合経験を積む機会となったとともに、1年生だけで行動したので同期との絆が深まる経験となりました。

また、私たち1年生スタッフにとっても自分たちだけで遠征を無事終えられたことで自信がつきました。

2日間遠征に帯同してくださったアーセナルコーチの方々に感謝しています。

12月9日には大宮けんぽグラウンドSフィールドにてウィンターの予選が行われます。

新シーズンが始まった慶應ラクロス部にとって初の公式戦となるので、ウィンターで優勝するために予選を通過し、”BURN”シーズンの良い幕開けとなるようアーセナル、スタッフ共々精一杯頑張りますので応援のほど宜しくお願い致します!

ウィンターステージ

12/9(日)@大宮けんぽグラウンドSフィールド

vs東京理科大学 9:00FO

vs学習院・法政大学 9:50FO

vs駒澤・上智大学 11:10FO

(※)関東ラクロスユース選手権ウィンターステージ

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email