【早慶ラクロス定期戦結果報告】

こんにちは!4年ASの關濱優希です。

5/21に行われました、第25回早慶ラクロス定期戦の結果をご報告致します。

1Q 1-2

2Q 0-2

3Q 3-1

4Q 3-2

よって7-7で同点。

早慶ラクロス定期戦規約に則り、両校優勝となりました。

1日で真っ黒になるような日差しの中迎えた第25回早慶ラクロス定期戦。

昨年度と同様、たくさんの方にご来場いただき、会場は例年以上の熱気に包まれていました。

第1Q開始直後、相手のショットが決まり0-1へ。しかしその後AT#39 小笠原圭允のショットが決まり、互いに激しい攻防が繰り広げられました。

続く第2Q、第3Qは早稲田の猛攻を食らい、1-5と差を広げられてしまいます。またファールによるマンダウンも多く、ピンチが続きました。

しかし、 G#2 杉本健のナイスセーブによりオフェンスへ繋げ、怒涛の追い上げを見せる慶應。

#39 小笠原、主将のAT#3 井上裕太、AT#90 浅岡大地のショットにより、第3Qはスコア4-5で終えました。

第4Qは相手のクロスチェック申請が通ったことから、3分間の慶應のマンダウンから始まりました。

早稲田#7のショットが決まりスコア4-6へ。

慶應のファールにより2マンダウンでのディフェンスの時間もあり、ピンチが続きました。

さらに早稲田に得点を許し4-7となるも、慶應の期待の新人、AT#48 立石真也のショットで巻き返しを始めます。

緊張が続く中#3 井上のクリース前からのショットが決まり、スコア6-7とします。

そして第4Q残り4分、#90 浅岡のショットが決まりスコア7-7へ。ついに同点に追いつきました。

その後も一進一退の激しい攻防が続きましたが試合終了のホイッスルが鳴り、7-7の同点で両校優勝という形で第25回早慶ラクロス定期戦は幕を閉じました。

本試合を通して、主将の#3 井上と#90 浅岡は2得点を決め、#90 浅岡はMVPにも選ばれました。

たくさんの方の応援があったにも関わらず、完全勝利を掴む事ができませんでした。

しかし宿敵早稲田とは、開幕戦で再度相見えることとなります。この悔しさを忘れず、開幕戦では勝利の若き血を会場に轟かせたいです。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

リーグ戦に向けて精進して参りますので、これからも変わらぬご支援のほど宜しくお願い致します。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email