【日記リレー4年島田一輝】

四年間で坊主にした回数数えきれずのさっちゃんから紹介受けました四年md島田一輝です。坊主似合ってるよ。

四年間本当に長いようで案外あっという間でした。一年でサマー優勝してからみんなで試合に勝つことと試合で点を取るのが楽しくて続けられたなって思います。aチームからdチームまで経験したことある身から言うと、正直うまくなれなくて本当に辛い時期が誰にでもあると思います。練習しんどいなって思ったり、コーチとか先輩だるいなって思うこともあると思います。でもそこでうまくなることを辞めると、後々本当に後悔します。試合にユニフォームを着てみんなを代表して出て、勝った時点取った時馬鹿みたいに喜ぶのは楽しいと思います。俺は今でも力不足で主力になれないことを本当に後悔してて、ベンチで見ることしかできないこととか多いのが本当に悔しいこともあります。だからくすぶってる後輩達には最後まで試合に出る努力、ベンチに入る努力を怠らないでみんなでグラウンドで勝って騒ぐ楽しさを知ってほしいです。

逆に今aチームにいる頼もしい後輩たち、ねぎし、本当にみんな武器があって上手くて考えてて尊敬さえしてる。正直スコア喜びながらおれもあんなシュート打てたらなとか思って嫉妬も何度もしたことある。でも、こんな代を支えてくれてありがとう、毎練習毎試合お前らとやるラクロスとか暇な時間ふざけてる時とか本当に楽しかった。出来るだけ長く続けられるよう頑張ろう。

最後に根岸、添田あたり。去年の鉄壁のbチームで右大臣左大臣右丞相やってる時から一緒にやってきたけど、来年は今年とはまた違う空気のチームになると思う。根岸は21本の武器をうまく使っていつか1on21倒せますように。添田はシンプルにに泣き虫だから頑張れ。来年再来年、きっと俺たちの代より強くてかっこいい代になると思うから、今うまいことに満足しないで四年間突っ走ってね。

次はキレッキレでしっかり者の帰国ロング砂川です。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email