BLOG

【日記リレー4年大野隆秀】

酒好きの江原から回ってきました、4年の大野隆秀です。江原の切り替えの良さには見習うべきものがあります。

ですます調じゃないけど許して下さい。

毎年面倒に感じてきた日記リレーもこれで最後かと思うと寂しく感じる。

思えば塾高からラクロスをはじめ、早起きを続けてもう7年目になる。起きる度に「なんでこんな事してるんだろう」と自分に問う時期もあった。

入部当初、1年からBに入って大学のレベルの高さを感じた。

はんやくさん飯田さんが教えてくれるラクロスにワクワクし、山田さん剛さんがいるAチームは負ける訳がないと思っていた。

ただ正直、Bで満足している自分がいた。

自主練もほどほどにこなし、Cに落ちなければいいや。Bの中堅で安定できればいいや。と思っていた。高みを目指すのではなく落ちぶれるのを回避することが目的になっていた。

当然ツケが回ってきた。謹慎明けに落ちたCから抜け出せず、環境とコーチに文句をいいながら2.3年を過ごした。

3年春に大地さんからコーチになって欲しいと言われてから、何をしても楽しくない日常が続いた。今までサボってきたのに、選手として試合に出られなくなる事が嫌で、ただひたすら焦っていたことを覚えている。

お前の持ち味をいかす方法を考えろと話してくれた大地さん、なんとかしてやるから、と言ってくれた睦さん。色々な人と話して、監督に直談判しにいって、逆に気が付いたことがあった。

「もう独りよがりのワガママを言ってられる時期じゃない」

いくらコーチと気が合わなくても、人事に納得がいかなくても、自分のできる最大の努力をしてこなかった自分は、何の文句も言える立場ではなかった。

今下部チームでくすぶっている選手たちには同じ轍を踏んで欲しくない。環境、コーチのせいにしちゃいけない。自分から上のチームのコーチ、先輩に相談しにいこう。そういう土壌は俺たち上級生が整える。チャレンジを忘れてないで欲しい。

2018年の合宿を終えてコーチになってからも、自分としては大きな成長があった。

Cコーチをしていたときはまだ選手への未練があり、自分より下手なやつをBに送らなければいけないことに腹立ち、全力で取り組めていない自分がいた。人事評価される側からする側に変わり、偉くなった気がして調子に乗っていた自分がいた。

19シーズンはじめのmtgでひろむから、「お前のラクロスへの向き合い方は好きじゃない」と言われ目が覚める思いがした。

結局また独りよがりになっていた。組織の事なんて考えられる器に達していなかった、と気付かされた。

やっと変われたと思う。居酒屋で同期と飲んでもラクロスの話題ばかり。今なら「部活頑張ってるよ」と胸を張って言える。

最近、部活が楽しい。

朝起きても「なんでこんな事してるんだろう」とは思わなくなった。同期が好きで、先輩がカッコよくて、その先輩がなし得なかったことを達成するために自分は日々グラウンドに向かっている。

Bにいた選手がAに食い込み始めたこと、BがAにスクリメで勝つこと、仮想クリアライドが試合で活きること、これが今の自分の幸せになった。

コーチは主役じゃない。でも選手の成長スピードを高め、選手が喜んでいる姿を見ていると自分の存在に意味を感じる。

長くても引退まであと4ヶ月。

俺たちの4年間が無駄じゃなかったことを証明しよう。日本で一番長くこの日常を続けよう。

最後まで泥臭く貪欲に。

次はずっと真面目なひろきです。芯の強さがかっこいい。もし女ならひろきと結婚します。よろしく

Bofコーチ 大野隆秀

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email