BLOG

【日記リレー 4年 關濱優希】

ネゲこと、関根君からバトンを頂きました。

4年ASリーダーの關濱優希(せきはま ゆうき)です。彼は部のモラル番長らしいですよ。兄貴感溢れる彼の笑顔は常にハツラツとしてて羨ましいです。

さて、つまんない紹介はこの辺にしといて、本題に入ります。

日記リレーもとうとう4回目。5回目は書くつもりあまりないので、この四年間思ってきた事を素直に書こうかな。(1-3年はありきたりな文書だったことを許してください)

まず、俺の事をあまり知らない人もいると思うので自己紹介。

立地偏差値No. 1の青山学院高等部出身。

三年生の途中までディフェンスやってて、そこからASに転向。

文才があるわけじゃいから、グダグダとまとまりの無い文書だけど、暇だったら読んでみてクダサイ。

<四年間の想い>

1つ目は感謝。

普段は言わないけど、先輩同期後輩みんなに感謝してます。

ラクロス部に誘ってくれたヤツ、熱い想いを語ってくれた先輩、頼りない4年について来てくれた後輩、選手やめる時に一緒に泣いてくれた同期、メンタルない時には喝を入れてくれる仲間。

いろんなヤツのおかげで四年間続けてこれたなって思ってます。

普段は太々しい態度取ってるけど実は感謝してます。

部が危機的な状況の中で学生一位まで連れてきてくれたAチームのみんなありがとう。このまま、負けてたらアーセナル最弱の代のままで終わってたから本当に嬉しいです。

サポートできてまじ光栄です。

2つ目は後悔。

ASに転向して4年生になっても未練は正直毎日あります。チームに貢献したいって気持ちからASになるって決断したけど、やっぱりラクロスやりたくてこの部に入ったから。

だからこそ、下位チームでくすぶってた自分を思い出すと今でも虫酸が走ります。正直一年生の頃の自分とかまじ死ね!って思う。

でも、試合で同期が活躍してる姿や、初戦惨敗した早稲田に勝った時、スカウティングが少しは役になったなって思って嬉しいです。

今下位チームでくすぶってる後輩見ると、本当に頑張れって応援してます。自分も同じ立場だったし、悔しい気持ちはわかります。今年はサポートしてくれる人たくさんいるんだからがんばろうぜ。チャンスはもっと活かすべき。

でも全然まじめにやってないヤツは辞めちゃえば?とも思ってます。まあ、中だるみしちゃう気持ちはわかるけど、慶應ラクロスの一員としてクソダサいし、まじイケテナイよ。

3つ目は残りの部活生活について

あと笑っても泣いても2戦。俺たちのクソ長い練習、ミーティングに勝てるチームはどこにもないはず。「いや、まだ甘いだろ」って裕太だったら言いそうだけど、俺はこんだけやってるんだから負けるはずないと思ってます。

俺らはまだ“未完” 何も成し遂げてないです。

とりあえず、社会人チームのおっさん達倒して、ラクロス界でも慶應の体育会内でもギャフンと言わせてやりましょうよ。

そのために残りすくない練習駆けぬけよう。本気で。その時、未完が完了に変わるはず。

最後に、、偉そうな事書いて申し訳ありません笑

でもこれがおれが四年間やって思ってきたことで、部員全員のみんなに少しでも役に立ってくれればなって思います。

次のバトンは、ジョシン。#33PRIDE背負って戦う、顔とメンタルはアメ人、そのほかは全部日本人。

よろしくね!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email