【日記リレー 4年 奥村璃咲】

マドンナTR実春からバトンを受け取りました。四年MGの奥村璃咲です。

同期スタッフとして今まで一緒にやって来ましたが実春がいてくれてよかったなて心底思います。いつもありがとう

最後の日記リレーどんなことを書こうとすごく悩みましたが、最後まで読んで頂けたら幸いです。

下級生の頃よく先輩に何をモチベーションに部活をやっているの?て聞かれることがありました。漠然と同期のため、とか日本一と答えていたけれど、正直断言できていたかといわれるとそうではなかった気がします。一年生の頃の先輩たちはものすごく強くて毎試合勝利を収めていたけど、自分たちの代として勝った感覚を味わったことなかったからでしょうか。

なので、自分の代になった時にどんなモチベーションでやっていこう、と少し不安に思っていた時期もありました。しかし、3年生になった頃から同期が早慶戦やリーグ戦でベンチインして活躍してる姿をみて、どこかモチベーションがぶれる理由を人のせいにしてしまっていた自分を恥ずかしく思います。

例年に比べ、練習場所が遠くなってしまった上にほぼ毎日7-12の練習後にミーティングをするABチーム、十分なグラウンド時間を確保できずにその中でも努力しているCDEチーム、常に選手のコンディションを整えその選手にあったテーピングを朝の短い時間で確実に巻くトレーナー、日々大量の動画をたった5人でさばいているAS、熱血に指導をするコーチたち。私はマネージャーとしてこの部に携わっていますが、どの部門のみんなのことを本当に尊敬しています。どれも自分にはできないことばかりだから。だからこそ私はマネージャーとしてこの部活に貢献できることを最後まで全うしていきたい。それはいつもより大きな声だすとか、判断間違えないとか本当に小さなことかも知れないけど、それが少しでも日本一に向かう過程の中でプラスになるならという気持ちです。それが今のモチベーションの一つです。

そして何よりもう一つのモチベーションは同期です。最初はばちばちしていたけど、今となってはかけがえのない同期です。仲良い風の写真とろう!なんて言っていつも集まるけど、そういう雰囲気の同期がなんだかんだ好きです。落ち込むことがあっても、くだらない絡みのおかげでいつのまにか立ち直ってます笑

感謝を示すのはなんだか照れくさいけど、ここまでやってこれて本当に良かった。ありがとう

関東fianl4とfinalの勝利は言葉に表せないほどに嬉しくて、学生日本一を獲った時は一年生の頃からずっと憧れていた舞台で同期や後輩たちと喜び合って。でも、きっと日本一を獲った時はもう何にも代えがたいくらい最高なんだと思います。

日本一まであと二つ。

残り三週間のドライブシーズン日本一をとって150人全員でさいっこうの笑顔で締めくくりましょう!

長い文章最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

そろそろつぎの走者にバトンを受け渡したいと思います。

お次は主務のきったこと北濱です。

プロテインシェーカー片手にすかしている姿を最近よく見かけます。

主務業は色々とストレス溜まることもあったと思うけどあと少し、頑張れ!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email