【日記リレー2021 vol.4】「夢中になる」〜今澤遼翼(4年/経済学部/C/慶應義塾高等学校)〜

語学が堪能な、まなからバトンを貰いました。Bコーチの今澤です。
学年でもハイスペックランキング上位に食い込むまなには本当に頭が上がりません。
羨ましい限りです…笑

これまで先輩たちの日記リレーを読む立場だった自分がもう書く立場になりました。
振り返ると、色んな経験を積むことができた素晴らしい4年間でした。
でも、怪我やら塾高にコーチに行くやらで、大学の皆にこれといったものを残せていない気がしています。
なので最後に、自分から一言残せたらなと思います。
どうかお付き合いください。
自分の好きな言葉で「努力は夢中に勝てない」というものがあります。
自分は努力することが凄く苦手です。
努力をしようとおもうと、結果を重視しすぎてしまいます。
すると、少しでも思い通りにいかないと、失敗した気になってしまい、次に活かせない場面が多かったです。
ですが、夢中になって過程を楽しむことができれば、失敗を失敗と捉えずに、糧にすることができると思いました。
だから、努力をすることを辞めました。
そして、夢中になれるものにとことんエネルギーを注ぎました。
選手の時は、自分が持った日本一に対するビジョンの為に、時間も思考も行動も投資していきました。
怪我でコーチに転向した今も、その熱意を注いだ経験は活きています。
そして、このコーチとしての経験は未来に活きることを確信しています。
なぜなら、コーチとして過ごした時間は、選手の時と同じぐらい、いや、それ以上に夢中になれているからです。
なので皆さん、是非この大学生活夢中になれるものに全てを投資してみてください。
そしてそれがラクロスであれば幸いです。
最後に。
自分がラクロスに夢中になれたのは日本一に対するビジョンがあったからだけではありません。
最高の同期がいたからです。
楽しい時間を本当にありがとう。
そして、これからもよろしく。
それではここらへんでバトンを渡していきたいと思います。
次は頼れるマネージャーリーダーたまこ。
早く彼氏作れよ~笑
では、よろしく!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email