【日記リレー2020 vol.26】立石真也

『ENJOY』

爽やかイケメン中根からバトンを貰いました、4年立石です。

彼とはこの1年間、多くの会話を重ねてきましたが、何故彼女ができないのかだけは、最後までわかりませんでした。

やはり理工学部の弊害でしょうか。

始めに、日頃から多大なるご支援を頂いているOB、関係者の方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。

今後とも変わらぬご声援の程、宜しくお願い致します。

さて、おそらく題名を見た同期は、またENJOYかよ、もう聞き飽きたよ、と言っているでしょう。

しかし、4年連続同じ事を書くつもりはありません。 

知らない後輩達に、ラクロスを楽しむ事の大切さを知って欲しいので、題名だけ自身の信念である、ENJOYにしておきました。

そんな今回、何を書こうか迷いに迷い、7年間のラクロス人生においての大きな2つの学びを、想いのまま綴る事にしました。

では、本題に入ります。

今、読んでいる皆さんは、日々成長しているだろうか?

昨日の自分を超えられているだろうか?

『成長』

口で言うのは簡単だが、実際に日々成長する事はとても難しい。

しかし、スポーツ界のみならず、様々な状況において成長が求められ、現状維持では淘汰されてしまうのが現実だ。

では、どのようにすれば、昨日の自分を超え、地道な成長を重ねられるのか。

私は7年間のラクロス人生で答えを見つけた。

『重続』

これは、様々な方法を試しながら、変化しながら継続するという意味である。

継続と似た言葉だが、全く違う。

同じ事の繰り返しももちろん大事だが、成長には、自身で試行錯誤し、新たな事に挑戦し、常に変化を求める事が必要である。

これが成長の鍵であり、1つ目の学びだ。

1の練習を100日続けても、1の100乗で1。

1.01を100日続ければ、約2.7になる。

よくある話だが、1と2.7は雲泥の差。

この1.01の変化、チャレンジが、未来を変える。

そして、自身の手で、頭でしか未来は変えられない。

7年間、主将や代表活動等で多様な人々、環境と触れ合ってきた。

その中で、成功している人の共通点は、重続している事であると学んだ。

それから、戦術はもちろん、パスやシュート1つとっても、何故上手くいかないのだろうか?と、考え、改善し、成長してきた。

今、慶應ラクロスの皆を見ていると、惰性で練習を重ねている人も見受けられる。

本当にもったいない。

センスがあって、継続するだけでも多少は活躍できるかもしれない。

しかし、それでは並の選手止まりだと思う。

自分がどの程度の選手になれたかはわからないが、重続してきた事だけは、自信を持って言える。

『重続』

この言葉が、皆に少しでも良い影響を与え、行動を変える事ができたら、私は嬉しい。

ここまで、重続に関して述べてきたが、2つ目の学びを綴らせて欲しい。

『結果が全て』

7年間で痛感したモノだ。

高校時代は2部昇格という目標を達成し、その時は努力が報われた気がした。

しかし、大学では今まで1度も目標を達成出来なかった。

社会人に負け、学生に負け、先輩達が引退していった。

世間では、たとえ負けても、過程が充実していれば、それで良しとされる事もある。

確かに、それは間違ってはいない。

しかし、それまで描いてきた軌跡が、絶対に間違っていなかったと確信できるのは、最高の結果を出した時のみである。

敗者は、必ず努力不足を後悔する。

勝者は、後悔があったとしても、その結果で過程の努力を証明できる。

つまり、明日早稲田に勝って優勝し、これまでの積み重ねを、証明する。

結果を出す事が全て。

厳しい言葉かもしれないけれど、これが現実という事を、慶應ラクロスの皆にも心の何処かに留めておいて欲しい。

ここまで、私が慶應ラクロスで得た、2つの学びを述べてきた。

しかし、早いもので慶應のユニフォームを着て試合に出るのも明日が最後。

こんなにも早く、そして突然に、明日という日が来るとは思っていなかった。

2020年11月29日。

何もかも、明日で終わる。

どんな雨でも練習し、どんなに疲れていても、ジムや壁当てに向かった日々。

主将としてチーム作りの難しさに悩んだ日々。

同期と過ごした、大切な日々。

そして、夢中で駆け抜けた7年間。

明日、その全てを、最高の結果で証明する。 

誰よりも『ENJOY』して、誰よりも嬉し涙を流す。

そして、1年間共にラクロスの事で悩み、喜び、時にくだらない話もした、副将と一緒に、トロフィーを掲げる。

自分達の重続を信じ、いつも通りやるのみ。

さあ、皆で優勝の景色を見に行こう。

ONE

本題はここまでです。少し堅い話になってしまいましたが、この文章が何処かの誰かに、特に慶應ラクロスの皆の心に届いている事を願います。

最後に、1年間主将として、楽しく、厳しくラクロスをできたのは、チームの皆のおかげ。

本当にありがとう。

そして、同期の皆、明日、最高の笑顔で抱き合おう。

これで、今年の日記リレーは終わりにしたいと思います。

ご精読ありがとうございました。

2020年度 主将 立石真也

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email