【日記リレー2020 vol.3】池田航太郎

『悔いの無い4年間を』

日記リレーをちゃんと締め切り日までに提出した3人のうちの一人である足立征歩君からバトンを受けとりました、池田航太郎です。彼の真面目さにはいつも驚かされていて、尊敬しています。その反面自分は提出が投稿前日になってしまって広報の方々本当にごめんなさい。

4年間長いようで本当にあっという間でした。4年間を振り返った時、1、2年の頃もっと真面目にラクロスと向き合っていればよかったという後悔が残ります。なんとなくでラクロスをしていました。

3年で初めてベンチ入りした時、応援席からの歓声を聞いてようやく責任感を感じ、もっと頑張らなきゃって焦りを感じました。

1、2年の時のことを考えると凄くもったいない時間を過ごしたと思うし、あの頃のことを考えるとダサくて恥ずかしくて後悔しています。

もしも後輩でなんとなくラクロスをしていたり、向上心無くプレイしている人がいたら、なんらかの形で後々後悔すると思うので上手くなる努力をし続けてください。誰にだってうまくいかず嫌になることがあると思うけど、なんでもっと早くから準備しとかなかったんだろう、家族やコーチ、チームが期待してくれてるのにってなります。上手くなる努力をし続けるのは試合で活躍してチームに貢献するためなのはもちろんだけど、4年生のこの時期に後悔しないためです。

過去の後悔は多いし、今でも思うようにプレイできないことが多いし、自分よりも上手い後輩ばっかだし、Aチームにいても試合はほとんど出れないけど、最後に笑顔で終われるように残りの1ヶ月間、全力で頑張りたいと思います。

最後に、ニューヨーク校の後輩達にはいつも元気をもらってます。特に司と翔央は同じチームでプレイできて毎日楽しいし、ものすごく上手で参考になります。くだらない話だったり時には悩み事を話し合えて頼りになりました。二人とアモン、根布、ビクター、やまと、渡部、今後の活躍を誰よりも祈ってます。

そろそろ次にバトンを渡したいと思います。次は、足立と同じく締切までに日記リレーを提出した石塚遼君です。二人の日記リレーに挟まれて光栄です。最近彼の近くに引っ越したので、周辺のおすすめグルメを紹介してもらいたいです。塚、よろしく!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email