BLOG

【日記リレー4年藤原寛太】

僕のゴーリーアップ七武海の一角である平本君からバトンを受け取りました。4年藤原です。

ようやく復帰を遂げた彼の活躍に期待です。

最後の日記リレーに何を書くか、実は割と前から決めていました。

自分語りはあんましません。僕は人に誇れるような成果も、実力も、才能も、人望もない完全なモブだからです。

全然後輩向けとかじゃないです。

アホなのでインテリっぽい文章も書けません。

ご了承ください。

この場を借りて僕がこの部内で心から尊敬する人たちについて書かせていただきたいと思います。

一人は、色黒で漫画好きなTRです。

2年のシーズン終わりに選手からTRへ転向した彼は先輩、後輩、同期全員から愛されるひょうきん者で、練習中でも試合中でも気付いたら近くにいて笑かされます。そのせいで、あ得点シーン見逃した、みたいなこともちょいちょいあります。

でも根っこはしっかりしてて、人に注意するし、時に自分の意見ぶつけたりできる、4年の中では珍しく発信力のある人です。それでいて熱男なので彼に鼓舞されるとめっちゃ元気出ます。

二人目は、がめつくてウザいASリーダーです。

3年のシーズン途中で選手からASに転向した彼はとにかくウザくて、口も態度も悪くて金は返さないし、平気で車にゴミを捨てていくような奴だけど、慶應ラクロス部が大好きです。

こいつがASリーダー大丈夫かよって最初は思いました。でも、新しい試みであるスプライザ導入はほぼ彼の手柄だし、部のために就活中でも休日でも他大のスカウティングのために遠出してくれるし、何より敏腕後輩AS達にめちゃくちゃ慕われてるって話を聞いて、気づけば部に欠かせない1人になってました。

三人目は、歴代最も話下手で朝に弱い主務です。

彼とは高校の部活から同期なので7年目の腐れ縁です。彼は自分のことめっちゃ賢いと思ってる節があるけれど、そこそこポンコツです。でも彼がいるから選手として4年間もラクロスできているんだと思ってます。選手として入部しながら、たったの1年間でMGに転向すると決断した彼のことを僕は今でも尊敬してます。なんだかんだ言って「自分のため」以上に「部のため・同期のため」の決断だったと思ってるので。2年の時は新米MGとして、3年の時は副務として、今年は主務として、年々大きなもの背負って、それでも何くわぬ顔で仕事してくれる彼の姿を見るとめちゃくちゃ勇気をもらえます。

お前に何がわかんねん、って思われちゃうかもしれないけれど、やっぱり選手からスタッフへ転向するという決断は中々できるものじゃないと思います。昨シーズン、代からもう1人スタッフを出すかもという話があった時、自分はその候補の1人だったこともありすごく考えさせられました。

「選手を続けられないなら退部しようか」そんなこともよぎったりするほどでした。実際、選手からスタッフへの転向を迫られて退部した同期もいました。

彼らの半端ないところは選手として入ったラクロス部でスタッフとして、選手以上にラクロス部について真剣に考えているところ、日本一になるために何ができるかを日々考えて行動しているところです。

1日1日の仕事に対して決して手を抜かない。

選手よりも早い時間に集合して、仕事をしてくれる。

嘘つけって思われるかもしれないけれど、僕はそれが当たり前だと思ったことはないし、その姿を見るたびに勇気もらってます。

「あいつが頑張ってるんだからおれも頑張らなきゃだめだろ」って気持ちになります。

恥ずかしいから言わないけどいつもありがとうって思ってます。

こんな心強いやつらが裏方にいるんだからそりゃ強いわBURN。

ただただ尊敬する3人について何か書きたかったのでこんな感じの内容になっちゃいました。

次回は僕のゴーリーアップ七武海の一角である”堀内”君です。

彼はモンスターをくれます。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email