BLOG

【日記リレー4年新野瞬】

ロバから回ってきました。四年ASリーダーの新野です。ロバのことを知らない後輩たちは要注意ですが彼の噂話は全部嘘なので信じないでください。日記リレーに書いてあることも全部嘘です。あと、成績が悪いことを散々SNSでアピールしておいて留年したときはショックすぎてネタにできなかったことには失望しました。就活一緒に頑張ろうな!

星に僕の日記を送るのは3回目です。

みんなの日記リレーの熱い文章を読んで書き直すことにしました。

僕がこんなことを書くのは最初で最後です。普段はこんな真面目なこと言わないのでくそ下手な文章だけどちゃんと読んでね。特に今下のチームとかでモチベーションが上がらなかったり、斜に構えてるやつとかに読んでほしいですね。

皆さんはなぜこの部活に入りましたか?

試合に出て活躍するため、日本一を目指せる環境に憧れた、、、

色々あるでしょう。

僕がこの部に入部した最初の理由は、知り合いが多くて面白そうな奴がいっぱいいそうだったからです。大学に入学した時は體育會に入るつもりなんかありませんでした。大学はサークルにでも入って遊びまくろうとか考えてました。でもサークルの新歓を回る中でなんかこいつらつまんなそうだなって思ってしまいました。(サークルの人ごめんなさい)そんな時にSFC塾高成績優秀者トリオの森と関本がラクロス部入んね?っていうので僕も体験についていくと知り合いもいっぱいいるし面白そうなやつ多いな!って思ってラクロス部に入りました。全日本選手権優勝を目指すとかは本当に一ミリも入部理由ではありませんでした。一年目はアーセナルでラクロスをしていたわけですが、みんな僕みたいな理由で入部してるのではなく、熱い気持ちや覚悟で入部してきており、意識も高く、ミスには本当に厳しい声を飛ばしていました。多分この4年間で一番厳しいアーセナルチームだったと思います。僕はそんなチームが最初嫌いでした。なんでもっとポジティブな声を出せないんだろうとか思ってました。まあ甘い理由で入った僕が死ぬほど努力してたわけもなく、悪いのは僕ですし、そうやってお互いに厳しい声を出せるのは日本一を目指すチームとしてはあるべき姿だと思います。そんなこんなで部活行くのが段々と嫌になり、楽しみといえばオフの日に仲良いやつと遊ぶことくらいでした。あっという間に一年が経ち、僕はチームの足を引っ張るだけの存在でした。気がつけば仲良かったやつの多くはこの部から居なくなっていました。そして2年目を迎えるわけですが、この2年目は僕にとって転機でした。初めて塾高組も入れた学年でのつま恋カップではなんかラクロスの楽しさがわかった気がしたし、優勝に向かって皆で想いを一つにして頑張れたなって思いました。アーセナルは解体され、努力もろくにしていなかった僕は当然dチームへと配属されるわけですが、福島さんや上保さん、そしてやまぐさんがこんなクズな僕にもラクロスを親身になって教えてくれました。本当に感謝してます。それからは僕なりに努力をしました。壁当てはまじで毎日したし、動画はAチームのだけじゃなくてスカウティングアカウント入ってファルコンズのやつとかも見てました。次の日の練習では「昨日の真也の動画見た?うまくね?」なんてチリとかと話していました。でも努力を始めるのが遅すぎましたね。ASが足りないってなり三年になる時に僕がやることになるわけですが、転向時は本当に後悔しました。なんでもっと頑張らなかったんだろって。正直モチベーション保てるか不安でした。一年の時の僕なら部活辞めてたかもしれないです。でもここまで続けていられるのは本当にこの仲間たちと日本一をとりたいと思っているからです。だから新しいスカウティング方法も考えました。一緒にdチームで頑張っていた武智や淳平がリーグ戦に出ていることは本当に嬉しいし、コーチやスタッフになってチームに貢献するみんなが誇らしいです。厳しい声ばっか出してた天野とか圭とかワッキーが後輩たちとあんなに近い距離で会話して厳しい声も時には出しながらプレーしている姿を見てみんなそれぞれ一年の時より頼もしい存在になっていて本当にこの代でラクロス部に入れてよかったと思っています。こんな僕たちを支えてくれるOBの方々や後輩たちにも本当に感謝しかありません。ASのみんなはこんな頼りないリーダーについてきてくれて本当にありがとう。こんな大好きなチームメイトと社会人もぶっ倒して日本一になって最高にうまい酒を飲むことしか僕は考えていません。このチームで日本一に向かって活動できる時間もわずかしかないけどまじでみんなで最後まで走り抜けよう。日本一に向かって努力しているみんなを俺は全力でサポートしていきたいです。特に今下のチームにいる選手たちはまじで頑張ってくれ。本当に応援してるんご。

次はびんです。びんは福井の実家からの仕送りを全てボートレースに使っています。親が知ったら泣くよ?

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email