BLOG

【日記リレー4年原敏】

我らがAS長、にいのからバトンを受け取りました4年FOの原敏です。彼が率いる今年のスカウティングは一味違います。まさにチームの原動力ですね。にいの、リベンジ就活も頑張ってね。

文章を書くのが苦手で、長文になってしまいますがご了承下さい。一部分だけでも読んでもらえると幸いです。

まずは、自分のラクロス人生について。アーセの時はシュートは遅い、左で投げれない(今もかなり怪しい)、足の速さだけは自信あるという感じで全然大した選手ではありませんでした。サマーではαが優勝するのを応援することしかできなかったし、同期が活躍しているのを素直に喜べない自分の姿がそこにはありました。

そんな僕の転機は間違いなくFOを始めたことでしょう。先輩方に期待して貰えたこともあって、2年の時には六大戦や開幕戦でベンチに入ったりもしました。本当に不思議なものですよね。

3年の時は早稲田のバケモノFOerいくみひとさんを倒すことばっかり考えてたし、今シーズンは粒揃いで厄介な他大の同期達を圧倒することに夢中になっていて想像していたよりもFO楽しめています。練習は同じことの繰り返しだけどね。

さて、なんでこんな自分が2年の時から試合に絡める選手になれたのでしょうか。この要因の一つに、「好きなこと」より「出来ること」を選んだことが挙げられます。入部した頃はATとかMDやってバンバン点取りたいなって思ってました。やっぱりラクロスって点とってナンボだし、そういう選手って単純にカッコいいなって思っていたからです。でも、自分には正直向いてないとすぐに感じたし、 4年間ずっとスタンドで応援するのは絶対に嫌だったので、新しいポジションをやろうと決断しました。めちゃくちゃFOに憧れていた訳でもないし、めちゃくちゃFOが好きな訳でもありません。ただ自分の足の速さ活かせないかなって思っただけでした。でも、この決断は間違ってなかったと自負しています。

下のチームで頑張ってる後輩の中には、4年でAに入れればいいやって思ってる人も多いと思います。でもそれだと正直甘いです。毎年のように塾高からは上手いやつがポンポン入ってくるし、僕のようにパッとしなかったやつがポジション変えただけで試合に出始めたりしちゃいます。現状を維持するのではなく、常に自分に新たな変化を与え続けて、挑戦していきましょう。そしてコーチにどんどんアピールしましょう。本当に誰にでもチャンスがあるスポーツだと思うので。

ここからはFOの後輩達に向けて書きたいと思います。

4人ともポテンシャルが本当に高いし、自分たちで考えて練習に取り組んでいる姿を見て今後の慶應FOは黄金期に突入すると勝手に確信しています。今シーズンもあと少しになってきたけど、それぞれの才能の原石をより磨けるように、FOリーダーとして取り組んでいければいいなと思ってるのでよろしく。1人ずつ伝えたいことあるけど、長くなっちゃうから今回は1人だけ書かせていただきます。(3人はごめんね。どっかのタイミングで必ず伝えます。)

石井ヴィクトール慶治くん

僕が2年で初めて一緒に練習した時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。こんな高校生クソチートやんって思いました。その一方、自分のラストシーズンで一緒に戦えることにワクワクもしていました。はじめこそアメリカとのルールの違いに苦戦していたけど、今では1年とは思えないほど頼もしいです。今シーズン入ってからも未だに成長できているのはビクターと一緒に練習できているからですかね。2人で圧倒して「最強のコンビ」になろう。

僕の日記リレーが流れている時には全日含めて5試合しか残っていません。全日まで3ヶ月切っています。おそらくあっという間に終わっちゃうでしょうね。最後の最後に後悔はしたくないです。Aチームのメンバーだけでなく、BやC、アーセで頑張ってる選手たち、コーチ、スタッフの全員の力で日本一取りましょう。

最後に現FOリーダーとして少しだけ。私たちFOメンバーは新たなメンバーの入会を心待ちにしております。今なら現メンバー5人からの直接指導を受けることができます。多分めちゃくちゃ強くなれます。新しい可能性を導き出したい方、ビクターを倒したい方、大歓迎です。

ここまで読んでくれた方々、ありがとうございます。そろそろ次の人にバトンを渡したいと思います。次は僕と同じ名門商学部生のうじょうです。夏合宿で折れたクロスがぶっ刺さる悲劇を味わった彼ですが、つい先日復帰しました。ここからの活躍に期待したいです。

それではうじょうよろしく!

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email