【日記リレー4年金澤了哉】

大大大逆転内定を決めた岡本くんからバトンを受け取りました、経済学部4年の金澤了哉です。

皆の日記リレーの内容が思ったより良かったため、立教からの帰り道、森くんの横で焦りながら書いています。

4回目の日記リレーとなりましたが、僕はとても文章が稚拙です。この稚拙の使い方があってるかすらわかりません。そんな僕ですがよろしくお願いします。

みんなはなんでラクロス部に入ったんですか?

日本一、日本代表になるためですか?スポーツが好きだからですか?就活のためですか?

僕は留学中にこれについてよく考えるようになりました。

世界中で大学生になってまでこれだけスポーツをやってる国はおそらく日本と韓国ぐらいだと思います。それ以外の国の一般的な大学生は勉学を中心としたスポーツ以外の何かに力を入れています。

せっかく数ある選択肢の中からラクロス部に入るという選択肢を選んだのに、くそほど惰性で部活動を行っていませんか?

雨オフ、たしかに嬉しいです。練習前日に飲む、たぶん楽しいです。

でも、自分がやりたくてラクロス部に入ったのであれば、練習が始まったら集中しましょう。

できないのであれば、ちゃんとした会社で長期インターンなどするほうが人生のためになると思います。

遊びたいならサークルで全力で遊べばいいと思います。

特にc.dチームの人はなんでラクロスやってるかをもう一度考えてみてください。

今年の代はたけちやjpなどもともとdチームにいた選手がリーグ戦に出ています。

彼らもよく遊んでいましたが、こうやって試合に出ています。彼らが努力してたかは知りません。でも、筋トレはよくしていました。

彼らに聞いてみてください、なぜラクロス部に入ったのか、dチームにいたときにどういうモチベーションで練習を行っていたのかを。

きっといい返事が返ってくると思います。

繰り返しになりますが、ラクロスをしなかったら何ができるんだろうと考え、それを捨ててまでラクロスに力を注ぐことに意味があるのかをもう一度考えてみてください。

こんなことを書いてるとJoeくんがかぶれてんな!ってうるさいんで終わりにします。

次は小林くんです。彼はよく有給を使って練習を休みますが、クリースでのプレーは一級品です。参考にしてください。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email